Menu

耳の病気

Home

中耳炎(ちゅうじえん)

急性中耳炎

風邪をひいたり、鼻アレルギーや副鼻腔炎で鼻の奥に炎症があると、耳管(じかん、鼻の奥と中耳を結んでいる管)を通じて中耳に急性の炎症を起こすことがあります。
耳の痛み、難聴、耳のふさがった感じがおきます。
ひどくなると鼓膜が破れて耳だれが出てきます。
小さなお子様では、発熱や、不機嫌や、ミルクを飲みたがらないことの原因が、この病気であることが多いです。
耳鼻科を受診して、診断をしてもらって適切な治療(内服、鼻の処置、鼓膜切開など)をされるようお勧めします。

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

急性中耳炎がおさまった後に、いつまでも中耳に水がたまったまま残ることがあります。
また、鼻の奥に炎症があったり、アデノイド(鼻の奥のへんとうせんの組織で、耳管の出口付近にある)が大きいと耳管の働きが悪くなって中耳に水がたまることがあります。
 
このような状態になると、痛みや熱などの急性炎症症状はないのに、難聴や耳のふさがった感じがおこります。
小さいお子様では症状を訴えないので、「呼びかけても反応がない」とか不機嫌さで気づかれることがあります。
耳鼻科で検査したり、適切な処置を受けてください。

慢性中耳炎

急性中耳炎が完全に治らないうちに治療をやめた場合や、急性中耳炎を何度も繰り返した場合などで、中耳炎が慢性化することがあります。 
 
症状は、慢性的に続く耳だれと難聴で、めまいや頭痛を伴うことがあります。 
耳を観察すると、鼓膜に穿孔(せんこう、穴が開くこと)や、鼓膜の周囲に炎症による肉の盛り上がりがおきて、そこから耳だれが出ています。 
耳鼻科で治療を受けましょう。

外耳炎(がいじえん)

外耳炎

耳掃除などで傷つけた後に細菌が感染して、外耳道が腫れたり、痛くなったり、耳だれが出てくることがあります。
症状がひどい場合は、炎症を抑える処置をしたり、投薬を受ける必要があります。
外耳道の傷にカビが感染することもあります。
痛みの他にかゆみがひどく、治療には日数がかかります。

耳あか

耳垢栓塞(じこうせんそく)

外耳道に耳垢が詰まった状態です。
耳のふさがった感じ、難聴、耳鳴りなどが起こります。
耳鼻咽喉科を受診して、耳垢を除去してもらうといいでしょう。

難聴(なんちょう)

突発性難聴

ある日突然に原因不明で起きた難聴で、障害の起きた場所が内耳と考えられるものを突発性難聴といいます。
耳鳴りも伴うことが多いです。
内耳の蝸牛のほかに、三半規管や前庭も一緒に障害されることがあり、このときに、めまいや吐き気も伴います。
治療開始が早いほど治る確率が高く、治療開始が遅いほど難聴や耳鳴りが残ってしまう可能性があります。
早めに耳鼻科を受診しましょう。

騒音性難聴

長年にわたり、うるさい音の中で、仕事をしたり、暮らしていると、難聴や耳鳴りが起こることがあります。
聴力検査をすると、特に4000Hz(ヘルツ)(1秒間に4000回の音の振動のある、比較的高い音)のところの聴こえが悪くなっています。
治療して治ることは困難なので、予防が大切です。

めまい

めまい

突然、起き上がったり、ぱたっと寝たり、寝返りをしたりという動作をした直後にぐるぐる回るめまいが起きることがあります。
じっとしていると収まりますが、また動作をすると回るめまいが起きます。
めまいがひどいと、吐き気がしたり、実際に吐くこともあります。
 
これは、三半規管の一時的な障害によって起きると考えられています。
耳鼻科を受診して、頭の動きによってめまいがするか、そのときの目の動きはどうかなどを調べてもらいましょう。