Menu

鼻の病気

Home

鼻血

鼻血

鼻血の多くは、鼻の入り口から1~2センチの、鼻中隔(びちゅうかく、左右の鼻腔の境目)の粘膜からの出血です。
鼻を強くかんだり、指やティッシュでこすったり、乾燥した空気を吸うなどの刺激で出ることが多いです。
鼻を指でつまんで強く圧迫して、のどに下がった血を飲まないために座ったまま顔をやや下に向けていると、5~10分で自然に止まることがほとんどです。
まれに鼻中隔の前方からではない、ほかの場所から出ていることもあります。
鼻出血を繰り返す場合や、出血したらなかなか止まりにくい場合は、耳鼻科を受診してください。

鼻炎

アレルギー性鼻炎

「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻づまり」が主な症状です。
鼻から、原因となる物質を吸い込むことによって起こります。
風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。
原因となる物質で一番多いのは家のホコリ(ハウスダスト)です。
その主成分は、ダニの死骸です。
次に原因として多いのは、花粉、カビ、ペットの毛やフケなどです。
診断には、詳しい問診のほかに、鼻の粘膜を実際に目で見ることが大事です。
耳鼻科を受診して調べてもらいましょう。

急性鼻炎

主に「かぜ」といわれるのは、主にウイルスによって起こる上気道(鼻、のど、気管)におこる急性の炎症のことです。
これが鼻の粘膜におこったもので、鼻水、くしゃみ、鼻づまりのほかに、鼻の痛みや頭痛、発熱、全身のだるさなども伴います。
自然に治ることがほとんどですが、症状がひどい場合や長く続く場合は耳鼻科で見てもらいましょう。

慢性鼻炎

急性鼻炎を何度も繰り返すうちに鼻炎が慢性になることがあります。
鼻の粘膜が腫れて鼻づまりが起こります。
粘り気のある色のついた鼻水が長い期間でます。
副鼻腔炎を伴っていることもあるので、耳鼻科で調べてもらいましょう。

ちくのう

急性副鼻腔炎

鼻かぜをひいた後で、色のついた鼻汁がいつまでも治らず、鼻汁がのどに下がって痰になることがあるときは、急性副鼻腔炎になっていることが考えられます。
鼻腔から細菌が副鼻腔に入って炎症を起こすことが原因です。
頬や目の奥の痛み、頭痛、頭の重たい感じ、発熱などを伴うことがあります。
耳鼻科を受診して、レントゲン写真撮影などで調べて、薬を出してもらったり、鼻処置や、吸入などの治療をしてもらいましょう。

慢性副鼻腔炎

一般的に「ちくのう症」といわれることがあります。
急性副鼻腔炎を繰り返したり、長引かせたりすると、炎症が慢性化することでがあります。
副鼻腔と鼻腔の通り道がふさがれたり、粘膜の働きが悪くなっていつまでも副鼻腔に膿汁がたまったままになることでおこります。
鼻汁がのどに下がる感じがいつまでも続いたり、頭や目の奥が重たい感じが起こります。
耳鼻科で薬を出してもらったり、吸入処置や鼻処置をしてもらいましょう。
いつまでも治らないときは手術が必要な場合があります。