インフルエンザの出席停止期間について

season_img 03

インフルエンザが流行っていますね。
ところで、インフルエンザにかかった時にどのくらい休んだら学校や幼稚園・保育園に行ってもいいのか、ご存知ですか?

小学生以上の児童生徒と幼稚園や保育園へ通う幼児では期間が少し異なるんです。

学校保健安全法(学校における児童生徒等や教職員(職員も対象ですよ!)の健康の保持増進と安全確保などを目的とした法律です)があるのですがその中で通称「学校感染症」として定められている感染症にはそれぞれに決められた出席停止期間があります。

この中の第2種にインフルエンザが含まれています。
(他に百日咳・麻疹(はしか)・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・風疹(三日はしか)・水痘(みずぼうそう)・咽頭結膜熱(プール熱)・髄膜菌炎性髄膜炎・結核が第2種です)

平成24年4月に一部が改正されてインフルエンザの出席停止の期間基準も少し変更され「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」となりました。わかりづらいですね~。

具体的には
小学生以上は月曜に熱が下がったら、火曜・水曜と2日あけて木曜から通学できます。(但し、インフルエンザを発症した後5日経過していないとダメですよ)
幼稚園・保育園では月曜に熱が下がったら、火・水・木とあけて金曜からの通園です。(発症した後5日経過していることは小学生以上と同じです)