MENU

※質問をクリックしていただくと回答が開閉します。

  • お茶を少しずつ、小まめに飲むのがすすめです。
    冷暖房で喉が乾燥していていたり、風邪を引いて喉がイガイガだったりして、うがいをしたいのになかなか洗面所に行けない経験をなさった方も多いと思います。

    そういった時に、「うがい」の代わりに、『お茶を少しずつ、小まめに飲む』ことをオススメします。
    咽喉の粘膜は、乾燥に弱いので、乾燥するとウィルスや細菌が侵入しやすくなります。
    そこで、お茶を飲むことにより、粘膜は適度な水分を保つ事ができるようになり、感染を起こしにくくします。

    お茶でお勧めなのは、麦茶かウーロン茶です。
    これらには、カフェインが含まれていないので、夜になって眠れなくなってしまう事を避けることができます。
    お茶の温度に関してですが、冷た過ぎるものはトイレに行く回数が増えるだけになってしまいます。
    ですので、少なくとも室温程度がいいのではないでしょうか。(※既に、インフルエンザに感染してしまっている場合、うがいは何の効果もありません。)

    ここで注意が必要な点は、すでに感染してしまっている場合、うがいに良く使われる“ヨード系のうがい液”はウィルス感染で傷ついている粘膜を、より傷つけてしまうということです。
    “ヨード系のうがい液”には、アルコールが高濃度で含まれています。ウィルス感染で傷んだ粘膜にアルコールは刺激が強いので、良くないといえるでしょう。

    そこで、感染予防で「どうしてもうがいをしたい!」とお考えでしたら、お茶でされる事をお勧めします。
    その場合は、最初にウィルスが増殖する場である、鼻咽腔(鼻とノドの境目)を良くうがいするのが良いのではないでしょうか。

    正しいうがいの方法など、お気軽にお尋ねください。

  • アレルギー物質の蓄積量があるレベルに達すると発症します。
    日本人の30~40%の方が、何らかのアレルギー疾患を持っていると言われています。

    コップに水を注いでいる状態をイメージしてください。コップの大きさ、深さにも様々なサイズがあります。
    水を注ぐと、コップに水が溜まっていきますね。溜まっていく水を「アレルギー物質」だと考えてください。

    たくさん杉や檜の花粉が飛んだ年は、コップに水がたくさん溜まります。
    コップに一杯になるまでは、症状は出てきません。(発症しません。)コップにたまった「水」はなくなることはありませんので、ある年になるとついにコップから水が溢れてきます。この「コップから溢れだした」年が、花粉症デビューとの年となります。

    それ以降はコップは満タンの状態ですので、毎年花粉(アレルギー原因と成るのは様々な花粉があります。)が飛んでくると、すぐにコップから「水」がこぼれてしまうので、毎年花粉症が発症するというわけです。

    では、一度花粉症になった人は、ずっと花粉症が治らないのでしょうか?

    一般的には、治らないといわれています。が、きちんと治療をしていた患者の方は、ある程度の年月が経つと症状が軽くなる方もいらっしゃるという話を聞くこともあります。(逆に放置していたりすると、別の原因のアレルギー性鼻炎になったり、症状の出る期間が長くなったり、程度も酷くなることも多いようです。そればかりか、蓄膿症や鼻茸(ポリープ)になったり、人によっては気管支喘息を合併したりする方もいらっしゃるようです。)

    ダニが主抗原となるハウスダストが原因の通年性のアレルギー性鼻炎は、1年中、コップに水が溜まるので早く一杯になるので、早い時期に(幼児期)に発症します。
    スギ花粉の場合は毎年シーズン毎に飛んでくる(溜まるので)ので、大人になってから発症するのです。

  • 『咳喘息』の可能性が考えられます。
    風邪を引いて、他の症状は良くなったのに、咳だけがいつまでも続いてしまう。
    冷たい空気を吸い込むと、直ぐに咳が出てしまう。
    このような症状のある方は、『咳喘息』が疑われます。
    「咳喘息」とは、気管支の粘膜が過敏な状態になっていることです。
    適切な治療をしない場合、約30%の方が本格的な気管支喘息に移行すると言われており、注意が必要です。
    (※子供の頃に喘息になったことがなくても、罹患する病気ですのでご注意ください。)

  • アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)などの可能性が考えられます。
    特に小さいお子さんの場合、幼稚園、保育所などの集団生活の中で具合を悪くするケースは、少なくないといえるでしょう。
    鼻の具合が悪い場合、耳に炎症が広がって、中耳炎の原因となります。
    また鼻水が喉の奥に溜まっている場合はタンの絡んだ咳の原因になります。

  • 急性の声帯炎(喉頭炎)が考えられます。
    この状態で、無理をして声を使っていると、嗄声(※させい・声が枯れること)が長引いたり、声帯にポリープができたりしますので、声を使わないようにするのがいいでしょう。
    水分をこまめに摂取するのも有効です。また、マスクも保温効果があるのでお奨めです。

  • はい、診察させていただきます。
    また、風邪の時は、耳鼻咽喉科医の診察を受ける方が良い点が色々あります。
    風邪のウイルスや細菌は、鼻や口から侵入してきます。患部を直接診ることができるのは、耳鼻咽喉科だけです。

    特に喉頭の入口で、食べ物や唾液が気管の中に入らないようになっている「喉頭蓋(こうとうがい)」という場所が、炎症を起こす「急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)」は、場合によっては、命に関わることもある病気です。
    この病気を正確に診断できるのは、耳鼻咽喉科医だけです。また、直接行う鼻・喉の処置は、症状の緩和に役立つだけでなく、治癒を早めます。

icon_pollen

花粉症について Pollen

花粉症とは?

pollen_img

花粉に対して身体が起こす異物反応です
毎年やってくるスギ花粉症ですが、ここで「花粉症」とは一体なんなのでしょうか?
花粉症とは、植物の花粉に対するアレルギー性鼻炎の事です。日本で代表的なものがいわゆるスギ花粉症となります。(ヒノキ・稲など様々な花粉症が存在しています)
アレルギー疾患なのでなかなか完治することは難しく、症状を上手におさえて、なるべく快適に過ごす事が重要といえます。

ライフスタイルに合った治療を

pollen_img 02

花粉症は薬で治ります
花粉症の治療は薬を飲んでいただいて、治療していきます。
しかし薬を飲むと眠くなったりだるくなったりするので、それが仕事に支障をきたしてしまうのではないかと思い、なかなか治療に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
現在では花粉症の薬も様々なものがあり、眠くなったりだるくなったりしない薬や、服用が1日1回だけでいい薬を処方することが出来ます。
患者様のライフスタイルにあった治療を行いますので、まずはお気軽にご相談ください。

症状が出る前にしておくべきことは?

pollen_img 03

薬は花粉が飛ぶ前から服用しましょう
症状がでる2週間程前より、抗アレルギー剤を飲み始める事も重要です。
抗アレルギー剤にも色々な種類があるため、その人にあったものを飲まなくては効果も薄いため、注意が必要です。

症状が出た場合は?

pollen_img 04

薬の使い方や治療は人それぞれ
症状が出始めると、今度はどんな症状で一番悩んでいるのかによっても薬の使い方や治療も変わってきます。
アレルギーの薬はなんでも同じ効果ではなく、人それぞれの鼻の所見を観察し処方していかなくてはならないのです。
是非耳鼻科で治療を受けましょう。

icon_guidance

診療に関するご案内 Guidance

こんな症状でお困りではありませんか?

鼻炎・鼻づまり

鼻炎・鼻づまり

中耳炎・音響障害

中耳炎・音響障害

喉・声帯の痛み

喉・声帯の痛み

当院へよくいただくご質問について下記でご紹介しております。気になる症状がある方はご確認ください。

©2019 たかしま耳鼻咽喉科